2002年11月16日

トーキング・ブルース

 「ブルース1」

たまらない、たまらない。
わけのわからない虚脱感がぼくを揺さぶる。
何も間違ってはいない。
ここにあるのは、ぼくの踏みしめてきた道だ。
誰かに邪魔されているわけでもない。
確かに歩いてきた道だ。
なぜなんだ。
こんなことはなかったはずだ。
おそらくこの先も人生を追いかけていくだろう。
間違いない。
これだけは決して間違いない。
怖れは将来に対してではない。
ましてや過去に対してでもない。
今 − 。
部屋の中ではブルースが鳴っている。
これも一面ぼくの人生じゃないか。
どこが、どう違うというのだ。
たまらない、たまらない。
この虚脱感はいったい何なんだ。
心のあり方だっていうのか。
そんなもんじゃない。
にじみ込む、何かなんだ。」
説明のつかない、わけのわからない、
逃れることの出来ない、
不思議な、不思議な、何かなんだ。
たまらない、たまらない。
いつまで続くのかもわからない。
そんな、ぼくの人生の一面なのか。


 「ブルース2」

今のあり方は、すべて今のあり方で
過去何があったのか、過去何をしてきたのかを、
ぼくは問わないことにしよう。
例えば意識にしろ今のあり方で、
その中に潜む心も今のあり方で、
それはそれで否定することをしない。
ただ、それを意義づけるようなことだけは、
ぼくは避けることにしよう。
今はいくつもに分かれた心というもの
ひとつひとつに強くありたい。
その中に絡みつくような、
そんな愚かなことは、
ぼくはやめることにしよう。
強くたって弱くたって関係ない。
それは今が流れているから起こる現象にすぎない。
そんな流動的なことを正当化するような卑怯な考えは、
ぼくは持たないことにしよう。
何もかも、今そのままでありたい。
今そのままでいるようにしたい。
そして不変の中に飛び込みたい。
ぼくはそれだけにしよう。


 「ブルース3」

自信過剰に猜疑心。
自惚れと自己満足。
どことなく似合わない仕草は、
お前たちを道化師へと変貌させる。
お前たちの持つ異様な臭気が、
変な仲間を呼び込んで、
また自己満足を繰り返す。
真夜中の妖怪。
場末の文化人。
夢を持たない、
自称詩人たち。


 「ブルース4」

一秒一秒の長さが、ぼくにはわからない。
長くもあり、短くもあり、
またその中で、
長くもあり、短くもあり、
そのずっと極まったところに道がある。

ぼくにはあなたたちの一秒がわからない。
あなたたちにはぼくの一秒がわからない。
一秒が人生なのです。
一秒が個性なのです。
一秒が神なのです。
一秒が宇宙なのです。


 「ブルース5」

その時その時の忘れ物が、
ぼくの心の煩悩となる。
思い出話は、忘れ物を繕おうと、
何かと一生懸命だ。
いったいその時、何を忘れたのか。
そのことも忘れてしまって、
思い出話は、そのことを思い出そうと、
今もなお、やまない。
複雑な忘れ物は、
ぼくの性格を形作る。
個性は確立したものじゃない。
いつも確立しつつあるものだ。
そんな時、夢は語れない。
忘れ物は前へと進ませてはくれない。
今もなお、日々の忘れ物は、
ぼくの未来を形作ろうとしている。


 「ブルース6」

君がどうなっているのか、
今のぼくには関係ないことだ。
幸せになっているのか、
不幸だと思っているのか、
そんなことを考えるのもおっくうだ。

ぼくは現実の君を知らない。
知りたいとも思わない。
時折夢に現れる君も、
想い出の延長だとしか思えない。
いまだ心が繋がって君が現れているとしたら、
それは素晴らしいことなんだろうけど、
そうそう奇跡なんて起こらない。
今そうであろう君の姿も、
今そうであろう君の言葉も、
みんな想い出の延長でしかない。
想像だけの産物だろう。

そういえば、ぼくは君の想い出を、
そう多く持っているわけではない。
少なすぎるくらいだ。
あの頃は、決して楽しい時期ではなかった。
くだらぬ悩みに沈んでいた時期だった。
被害妄想と自己顕示欲。
この二つが、いつもぼくの中にあった。
そこに君の存在という希望を見つけた。
来る日も来る日も、君のことを想い続けた。
それで世界が変わると思った。
それでぼくは大きくなれると思った。
それが一つの救いだった。

だけど、振り返ってみると、
ぼくの人生は、
思っていたほど悲劇ではなかったし、
ぼくという男は、
思っていたほど大した奴ではなかった。
それを知った時、
君への想いが白々しいものへと変わった。

君がどうなっているのか、
今のぼくには関係ないことだ。
幸せになっているのか、
不幸だと思っているのか、
そんなことを考えるのもおっくうだ。
posted by 新谷勝老 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩風録 | 編集

2003年03月12日

IF NOT FOR YOU

君がいなければ、
もう少し静かな高校時代を送っていただろう。
ギターを弾きたいとは思わなかっただろう。
作曲をしたりしなかっただろう。
詩を書いたりしなかっただろう。
ミュージシャンになりたいなどという野望は持たなかっただろう。
レコードを買う金を少しは貯金に回しただろう。

普通通りに勉強もしていただろう。
遅刻することもなかっただろう。
追試も受けなかっただろう。
少しは英話も出来るようになっていただろう。
化学式もわかるようになっていただろう。
サイン、コサインで苦しむこともなかっただろう。
真面目に補習も受けただろう。
旺文社の模試も進んで受けただろう。
クラスで45人中41番なんて成績は取らなかっただろう。
大学にも行っていただろう。

高校卒業後、5年間も浪人することもなかっただろう。
予備校に通うこともなかっただろう。
予備校をさぼることもなかっただろう。
雨の日に自転車で予備校に通うことはしなかっただろう。
デパートの屋上でボーっとしていることもなかっただろう。
予備校近くの公園で、缶蹴りすることもなかっただろう。
同窓会で酔っぱらうこともなかっただろう。
隣の客の部屋まで行って吐くこともなかっただろう。
その後予備校を辞めることもなかっただろう。
家に引きこもるようなこともなかっただろう。
会社の面接で26回も落ちるようなこともなかっただろう。

東京に出ることもなかっただろう。
3週間を2千円で過ごすこともなかっただろう。
新宿で置き引きに遭うこともなかっただろう。
2万円をすられることもなかっただろう。
いろいろ騒ぎを起こし、人から『事件児』などと呼ばれることもなかっただろう。
下宿中の人から「静かにしろ」などと言われなかっただろう。
東京ガスの人から「東京で一番汚い部屋」などとは言われなかっただろう。
朝日新聞のしつこい勧誘を受けることもなかっただろう。
日刊ゲンダイを買うこともなかっただろう。
夕刊フジを読むこともなかっただろう。
産経新聞に出会うこともなかっただろう。
キャッチセールスから声をかけられることもなかっただろう。
月に一度、浅草寺に行くこともなかっただろう。

販売業には就かなかっただろう。
おそらく公務員にでもなっていただろう。
朝7時から、夜11時まで仕事をしなくてよかっただろう。
会社に住まう変な霊に取り憑かれることもなかっただろう。
モリタ君に会うこともなかっただろう。
ミエコに会うこともなかっただろう。
左遷されることもなかっただろう。
昇格することもなかっただろう。
広島に行くようなこともなかっただろう。
道頓堀に行くこともなかっただろう。
センチュリーハイヤットに泊まることもなかっただろう。
白髪が増えることもなかっただろう。
しょっちゅう店長とぶつかることもなかっただろう。
あげくに会社を辞めることもなかっただろう。
今の会社で働くようなこともなかっただろう。

君がいなければ、
夢を持たない人間になっていただろう。
情熱という言葉も知らなかっただろう。
しろげしんたになることもなかっただろう。
ホームページを作ることもなかっただろう。
こんな日記を書くこともなかっただろう。
君がいなければ。
posted by 新谷勝老 at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩風録 | 編集

2003年06月23日

見張り塔からずっと

「いつの頃からだったろう、君の存在に気づいたのは」
(またその話か)
「いや、今日こそははっきりしておきたいんだ」
(別にそんなことどうでもいいじゃないか)
「じゃあ、君はいつからここにいるのか覚えていると言うのかい?」
(そういうことも忘れたなあ。ごく最近と言えばそんな気もするし、ずっと以前からと言えばそういう気もする)
「わからないな」
(そう、それでいいんだよ。ぼくは君が気づく前から、君のそばにいるんだから)

「生まれた時のぼくはどうだった?」
(どうだったって、今と何ら変わらないよ。見えるものを見て、聞こえるものを聞いていただけなんだから)
「生まれた時と変わらないってことはないと思うんだけど」
(変わってないよ。変わったと思うのは君の錯覚だよ)
「でも、現にぼくは成長しているじゃないか」
(成長ねえ。ただ服を着替えただけと思うんだけど)
「ああ、毎日服は着替えているよ」
(そういう意味じゃない。人は誰も、存在という服を着ているのだ。その時その時、その場その場で、その服は変わっていく。しかし、服はいつも変わるけど、それを着る人はいつも同じなんだ)
「よくわからない」
(わからなくていいんだ)

「ぼくには多くの敵がいる。いったいどう対処したらいいんだろう」
(気にするな)
「気にするなと言われても、気になるものはしょうがない」
(君が敵だと思うから敵なんだ。敵と思わなければ気にならないだろ)
「敵と思うななんて、そんなことできるわけないじゃないか」
(相手の存在が嫌なんだろ?)
「そうだよ」
(『嫌』を心の中から追い出せばいいじゃないか)
「そんなこと出来るはずないだろ」
(じゃあ、『嫌』を楽しんだらどうだい)

「ぼくは小さい頃から、ほら吹きって言われてるんだけど」
(それはしかたないだろう)
「何で?」
(ぼくがガイドラインだからさ)
「誰がそんなこと決めたんだ?」
(誰がって、君が生まれる前から決まっていたことさ)
「誰が決めたんだ?」
(君だよ)
「ぼくが生まれる前に、君をガイドラインと決めたというのか?」
(ああ、そうだよ)
「それはおかしい」
(どうして?)
「無の状態のぼくが、君を認識するわけがないじゃないか」
(もちろんだ。だけど、君はちゃんとぼくを選んだんだよ。というより、生まれる前から、君はぼくで、ぼくは君だったんだ)
「君は君、ぼくはぼくじゃないか」
(それは違う)
「どう違うんだい」
(ぼくは君だから、ぼくでありうるんだ)
「またわからないことを言う」
(わからなくていいよ)
「君はいったい何者なんだ?」
(ぼくか。ぼくはペテン師さ)
posted by 新谷勝老 at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩風録 | 編集

2006年12月02日

初冬の朝

初冬の朝のどんよりとした空。
晴れるのか、
曇ったままなのか、
それとも降るのか、
一日が読めないでいる。
たまには一日中外で遊んでいたいのだが、
こういう天候なので、
それもままならない。

家の中は寒い。
が、まだ灯油を買うには早い気がする。
暖を採るために布団の中に潜り込む。
が、寝ていては堕落してしまう。

気晴らしにタバコを吸う。
最近はすぐにタバコがなくなる。
しょっちゅう買いに行く。

タバコを買いに外に出れば、
やはり寒い。
靴下をはいて出るべきだった、
と、後悔する。

コンビニのレジにはいつもの人がいる。
ぼくの吸うタバコは、
レジ後ろの棚枠100番。
もう覚えただろうと、
「タバコ下さい」と言ってみる。
が、「何番ですか?」と返ってくる。
「100番」
無愛想に答える。

本を立ち読みする気も、
お菓子を買う気も起こらない。
店に入ってから3分後、
「ありがとうございました」
の声に送られる。

さて、今日は何をしよう。
夜までがとてつもなく長く感じる。
posted by 新谷勝老 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩風録 | 編集

2007年05月16日

こうやって風が吹いて来るもんですから

こうやって風が吹いて来るもんですから、
どうにも逃げられないわけですよ。
それが悪い風であろうとなかろうと、
ここから逃れることは出来ないわけですよ。
外に出れば目を開けておかなきゃならないし、
生きていれば息もしなきゃならない。
そんなこと考えないで生きていけたら、
ずいぶん気が楽なんでしょうがね。
それでも風は避けられない。
意識しようがするまいが、
風は確実に体を蝕んでいくわけですよ。
それもこれも、
こうやって風が吹いて来るもんですから、
どうにも逃げられないわけなんですよ。
posted by 新谷勝老 at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩風録 | 編集

2007年05月19日

階段の怪人

階段の怪人が
ジッとこちらを伺っている
来る日も来る日も
飽きもせずに
ジッとこちらを伺っている
たまに足を踏み外すのか
ときおり
ギッという音がする
posted by 新谷勝老 at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩風録 | 編集

2007年05月20日

君のまなざし

君のそのまなざしは
いつの時代のまなざしですか
ぼくが知る以前の君ですか
ぼくが知っている頃の君ですか
それとも今の君ですか
君の人生ですか
ほんの気まぐれですか
posted by 新谷勝老 at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩風録 | 編集

2007年05月21日

退職記念日

確かに何かやりたかったのだけど、
確かに嫌になっていたのだけど、
本音のところは
何も考えられなくなったからだ。
突然そうなったのではなく、
突然そう思ったのではなく、
十年と数ヶ月がその方向に歩かせたのだ。
人生がヤル気という人為を嫌ったのだ。
いろいろな事件があった。
いろいろな思考もあった。
だけどそれがいつだったかは忘れたし、
体系付けて思い出すことも出来ない。
今日はそんな日だ。
いつも一線上にない思考、
星のようにまばらな想い出、
まるで幼児期を思い出すように
あいまいな過去を振り返ってみる。
posted by 新谷勝老 at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩風録 | 編集

2007年05月22日

スランプ

思い通りにならないことを 
悩まなくてもいい
思い通りにならない時は 
思い通りにならないんだから
それは流れの中の通過点なんだから
その場所に自分がいるんだから
スランプ面なんかしなくてもいい
無理にいじくらなくてもいい
思い通りにならないことは
決して不幸なんかじゃない
それはその時の自分なんだから
posted by 新谷勝老 at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩風録 | 編集

2007年05月24日

負けられん

ここまで来て思う。
負けられん。
絶対に負けられん。
何があっても
何が襲ってきても
負けられんもんは
負けられん。
不埒な心は追い出してやる。
優柔不断はぶち壊してやる。
負けられんとたい。
絶対、負けられんとたい。
posted by 新谷勝老 at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩風録 | 編集

2007年05月25日

雨がボーボーと降っている

雨がボーボーと降っている
雨がボーボーと降っている
何も変わらない
いつものくり返しだ
おそらく人生だって…
雨がボーボーと降っている
雨がボーボーと降っている
posted by 新谷勝老 at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩風録 | 編集

2007年05月26日

一歩前に出るんだ

一歩前に出るんだ。
怖がることはない。
さあ、一歩前に出るんだ。
そこには今までになかった真実と、
限りない可能性があるじゃないか。
ほら、一歩前に出るんだ。
その場所を一つ移動するんだ。
何もこだわらずに、
そこからそれを凝視するんだ。
今までと違った感動を味わうんだ。
そしてそれを体験とするんだ。
それは一度っきりかもしれない。
だけどそれは自分の人生となるのだ。
さあ、恐れることはない。
前に出るんだ。
一歩前に出るんだ。
前に出て、その場所に立つんだ。
posted by 新谷勝老 at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩風録 | 編集

2007年05月31日

砂漠

それは、月に隈のない頃の話ですね。
旅はまだ続くのでしょうか。
砂漠も夜は寒いでしょうね。
―少なくとも昼間よりは
だけど、星も透き通っては、
月も色づく。
きれいでしょうね。

ああ、ぼくの心はちょうど砂漠、漠、漠と
君の面影もきれいですよ。
君の想い出もきれいですよ。
だけどまだ旅は長くて、
夜は寒いのですよ。
冷たい夜のオアシスですよ。

日々の生活は蜃気楼。
心は何かを求めているのです。
君の心ではありませんけど。
君の体ではありませんけど。
それが何かはわかりませんけど。
あるのは漠然とした、
この一帯に続く、
砂漠、漠、漠 ―。
からからに乾ききった、
けだるい日々の生活です。
午後から続く、砂漠の旅です。

それはまだ、月に隈のない頃の話ですね。
旅はまだ終わらないのでしょうか。
砂漠の夜は辛いでしょう。
水もなければ、人もいない。
寂しく乾いた風が、
そこには吹いているだけですから。
posted by 新谷勝老 at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩風録 | 編集

2007年06月01日

カニの独り言

何でおまえらは前を向いて歩くんだ
それではまともに風を受けるじゃないか
おれのように武器も持ってないくせに、
どうやって風と戦うというんだ
殻に守られた体ではないし
水の中で生きてもいけない
それにそんな大きな図体じゃ、
穴の中に隠れることも、
砂の中に潜ることも、
出来ないだろう
ああ、風のなすがままじゃないか
バカが…
posted by 新谷勝老 at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩風録 | 編集

2007年06月02日

ぼくたちの愛

ぼくは君を見つめる。
君はぼくを見つめる。
至近距離三十数センチ
無限の空間の中に
ぼくたちの愛が走る。
ぼくは言葉を超えた
君の愛を知り
君は言葉を超えた
ぼくの愛を知る。
もはや何も見えなくなったぼくたちを
とりまく様々な現象は
一切皆、
空へと帰着する。
ぼくは君を見つめる。
君はぼくを見つめる。
至近距離三十数センチ
無限の空間の中に
ぼくたちの愛が走る。
posted by 新谷勝老 at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩風録 | 編集


Copyright(C) 2000-2022 しろげクラブ. All rights reserved.