2003年08月12日

日記8月12日 前編

お盆の休みは15日だけである。
ということで、今日は墓参りに行ってきた。
朝から曇っていたので、今日も雨にたたられるかと思っていたが、午後から雲はかかっているものの、あたりは明るくなっていった。
その機を逃さずにぼくは出かけた。

家から墓までは、車で15分程度。
滞在時間も同じく15分程度。
昨日あまり寝てなかったので、早く帰って寝ようと思った。
が、せっかくの休みである。
このまま帰るのももったいないと思い、少しドライブしようということになった。

どこに行くのかは決めてなかったが、とにかく南に向けて走ってみた。
お盆前のせいか車が多く、市内を抜けるのに通常は20分も走ればいいところを、今日はそのために倍の時間を要してしまった。

市内を抜け、直方・田川を通り、最初に向かったのが小石原村だった。
なぜ小石原村に向かったのかというと、そこに道の駅があったからである。
トイレに行きたかったのだ。
高速を使わないドライブの時、一番重要になるのはトイレである。
今は、昔みたいにどこでも立ち小便が出来ない時代なので、あらかじめトイレ休憩の場所を決めておかなければならない。
小石原村といえば焼き物で有名なところで、建物内には多くの焼き物が展示即売していた。
だが、ぼくは車を停めるなり、焼き物には目もくれず、一目散にトイレに向かった。
トイレから出てみて、改めて車の多さに気づいた。
北九州・福岡・筑豊・久留米といった県内ナンバーに加え、他県ナンバーも多く停まっていた。

小石原に着いた時は、すでに3時半を過ぎていた。
今日は野球中継もあることだし、このまま帰ろうかと思った。
が、せっかく小石原まで来たのである。
もう少し足を伸ばして、大分県の日田までは行きたい。
そこから甘木方面に向かい、200号線を北上して北九州に戻ればいいのだ。
そうすれば、少し遅くなるが野球中継の開始時間には間に合うだろう。
そう思って、ぼくは南下した。

小石原をずっと南下していくと、筑後川と並行して走る国道386号線にぶち当たる。
そこから右に曲がれば甘木方面に行く。
ところがである。
そこまで来て、再びせっかくここまで来たのだからという思いが、ぼくの中を駆けめぐった。
「この道を左に曲がると、中津方面に向かう道とぶつかる。
その道を耶馬渓まで行けば、国道10号線と交差する。
10号線を北上して小倉に向かえばいい。
野球中継の最初のほうは、ラジオでも聴けるじゃないか」、と思ったぼくは、右に曲がるのをやめ、逆に左に曲がって日田市街に向かった。
posted by 新谷勝老 at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Copyright(C) 2000-2022 しろげクラブ. All rights reserved.