2003年03月12日

IF NOT FOR YOU

君がいなければ、
もう少し静かな高校時代を送っていただろう。
ギターを弾きたいとは思わなかっただろう。
作曲をしたりしなかっただろう。
詩を書いたりしなかっただろう。
ミュージシャンになりたいなどという野望は持たなかっただろう。
レコードを買う金を少しは貯金に回しただろう。

普通通りに勉強もしていただろう。
遅刻することもなかっただろう。
追試も受けなかっただろう。
少しは英話も出来るようになっていただろう。
化学式もわかるようになっていただろう。
サイン、コサインで苦しむこともなかっただろう。
真面目に補習も受けただろう。
旺文社の模試も進んで受けただろう。
クラスで45人中41番なんて成績は取らなかっただろう。
大学にも行っていただろう。

高校卒業後、5年間も浪人することもなかっただろう。
予備校に通うこともなかっただろう。
予備校をさぼることもなかっただろう。
雨の日に自転車で予備校に通うことはしなかっただろう。
デパートの屋上でボーっとしていることもなかっただろう。
予備校近くの公園で、缶蹴りすることもなかっただろう。
同窓会で酔っぱらうこともなかっただろう。
隣の客の部屋まで行って吐くこともなかっただろう。
その後予備校を辞めることもなかっただろう。
家に引きこもるようなこともなかっただろう。
会社の面接で26回も落ちるようなこともなかっただろう。

東京に出ることもなかっただろう。
3週間を2千円で過ごすこともなかっただろう。
新宿で置き引きに遭うこともなかっただろう。
2万円をすられることもなかっただろう。
いろいろ騒ぎを起こし、人から『事件児』などと呼ばれることもなかっただろう。
下宿中の人から「静かにしろ」などと言われなかっただろう。
東京ガスの人から「東京で一番汚い部屋」などとは言われなかっただろう。
朝日新聞のしつこい勧誘を受けることもなかっただろう。
日刊ゲンダイを買うこともなかっただろう。
夕刊フジを読むこともなかっただろう。
産経新聞に出会うこともなかっただろう。
キャッチセールスから声をかけられることもなかっただろう。
月に一度、浅草寺に行くこともなかっただろう。

販売業には就かなかっただろう。
おそらく公務員にでもなっていただろう。
朝7時から、夜11時まで仕事をしなくてよかっただろう。
会社に住まう変な霊に取り憑かれることもなかっただろう。
モリタ君に会うこともなかっただろう。
ミエコに会うこともなかっただろう。
左遷されることもなかっただろう。
昇格することもなかっただろう。
広島に行くようなこともなかっただろう。
道頓堀に行くこともなかっただろう。
センチュリーハイヤットに泊まることもなかっただろう。
白髪が増えることもなかっただろう。
しょっちゅう店長とぶつかることもなかっただろう。
あげくに会社を辞めることもなかっただろう。
今の会社で働くようなこともなかっただろう。

君がいなければ、
夢を持たない人間になっていただろう。
情熱という言葉も知らなかっただろう。
しろげしんたになることもなかっただろう。
ホームページを作ることもなかっただろう。
こんな日記を書くこともなかっただろう。
君がいなければ。
posted by 新谷勝老 at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩風録 | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Copyright(C) 2000-2022 しろげクラブ. All rights reserved.