2002年08月04日

宮崎S旅館1

昨日は宮崎のことを書こうと思っていたのだが、パイナップルのほうに話がずれてしまった。
日記も、あれを書こう、これを書こうとすると変になってしまうものである。

さて、宮崎の話である。
ぼくの住んでいるところから宮崎までは、高速道路を使っても4,5時間は優にかかる。
熊本までは楽に行けるのだが、そこを越え人吉に近づくと、道は一車線になる。
そこから、九州道最大の難所と言われるトンネル地獄が始まる。
連続した二十数個のトンネルをくぐらなければならないのだ。
トンネル内は対面通行で、対向車線とはパイロンで仕切っているだけである。
そのトンネルの長さだが、2キロ3キロはざらで、中には5,6キロのところも何ヶ所かある。
暗いトンネル、しかも道は狭く、遠くを見ると道はさらに狭まっているように見える。
こういう状態が延々と続くのだから、地獄と言わずなんと言おうか。

さてトンネル地獄を抜け、しばらく行くと「えびの」に出る。
そこから宮崎道の始まりである。
人吉付近と違い、道は二車線となり、視界は開けている。
南国の旅はそこから始まる。
宮崎道が終わると、そこから椰子の木が延々と続く。
同じ九州でも、北九州とは気候が大いに違っている。
気温はともかく、一番大きな違いは紫外線の量である。
宮崎は沖縄ほどではないが、北九州と比べるとはるかに多く感じる。
まさに南国宮崎の面目躍如である。

何年か前に、こういう道のりで宮崎の都井岬まで足を伸ばしたことがある。
その前にも何度か車で宮崎を訪れたことがあるのだが、青島どまりだったため、すべて日帰りだった。
しかし、その時は宮崎最南端に行くというので、一泊することにした。
仲間と綿密に計画を立ててのドライブだった。
ほぼ計画通りにことは運んだ。
が、肝心なところで手痛いミスを犯してしまった。
それは旅館である。
近くにグランドホテルがあったのだが、低料金でしかも露天風呂もあるということを本で読み、あえてそちらの旅館を選んだ。
旅館に着いて、まず拍子抜けした。
本で見た館内の画と、かなりかけ離れた風景がそこにはあった。
雑然と置かれた調度品の数々。
「掃除をしているのか?」という状況だった。
しばらくすると旅館の人が出てきた。
ウエイトレス風の制服を着ている女性だった。
しかしこれも予定外で、どう見てもその女性は60歳を超えている。
彼女は部屋に案内された時、露天風呂の事を聞いてみた。
なんと「今はやっていません」とのことだった。
「でも、館内にお風呂がありますので、そちらを利用して下さい」
食事の前にお風呂に行ったのだが、そのお風呂を見て仰天してしまった。
とにかく狭い。
しかも、肝心の風呂は、一般家庭でよく見かける空色のポリ製なのだ。
湯船も狭かった。
一人しか入ることが出来ないので、しかたなくぼくたちは二人一組で風呂に入ることにした。
posted by 新谷勝老 at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Copyright(C) 2000-2022 しろげクラブ. All rights reserved.