2001年08月10日

谷内六郎展に行ってきました

昨日下関大丸で始まった「<A href="http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/v-museum/taniuchi/index.html" target="_blank">谷内六郎</A>の世界展」に行ってきました。
朝から車で行ったのだが、途中門司港付近で渋滞に遭い、着いたのは12時前でした。
門司港の渋滞は、帰省と明日行われる「GLAY」のコンサートの影響だとラジオで言っていたが、おそらく「GLAY」のコンサートのために帰省を早めたと言ったほうが正しいと思います。
他県ナンバーの車は若い人が多かったようです。

さて谷内六郎だが、「行ってよかった」というのが感想です。
ぼくはあまり絵がわかる人間ではないのだが、この人の作品はよくわかる。
絵の中に言葉が見えてくるのです。
さすが「絵の詩人」と称えられた人だけのことはあります。
一時間以上かけてじっくりと鑑賞しましたが、何か創作意欲が湧いてきた気がします。
「この人とは逆に、詩の中に絵を描けたらどうだろうか?」
「そうするためにはどうしたらいいんだろう?」
「いっそ詩風を変えてみようか」
などと、帰る道々考えていました。
ちょっと詩から遠ざかっているので、いい刺激になったようです。
本当に行ってよかった。
posted by 新谷勝老 at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Copyright(C) 2000-2022 しろげクラブ. All rights reserved.