吹く風ねっと

一生は未来の記憶を散りばめた一本の道。人生は未来の記憶をひろいながら歩く旅。

カテゴリ:吹く風ねっと > 日記

 眼科に行くのは、小学生の頃に疑似トラコーマで一度、中学生の頃にも同じく疑似トラコーマで一度、二十代後半に瞼裏にものもらいが出来て一度、それと今回、生涯併せて四度目になる。

 病院に入って感じたのは、さすがに目の病気は直接命に関わらないので、待合室にいる患者さんも、先月入院していた総合病院の患者さんと比べると、どこかのんびりしている。そののんびりの中で居眠りしている時に、ぼくの名前が呼ばれた。

 診察室で目に光を当てるなどして検査。そして先生が病名を告げた。
「サンリュウシュですね」
「何ですかそれ?」
「俗に言うめいぼです」
「めいぼですか、でも痛くないですよ」
「そうですね。この手のめいぼは痛みを伴いません」
「そうなんですか」
「既にめいぼは治ってるんですけどね」
「えっ、治ってるんですか?」
「はい、治ってます。でも芯が残っているから、腫れたようになっているんです」
「じゃあ、ずっとこのままなんですか?」
「半年くらいしたら小さくなると思いますよ」
「半年もかかるんですか?」
「切開して芯を取れば早く治るんですけど、それをしたがる人はほとんどいません。今回は目薬で治しましょう。早く治ると思います」

 ということで、およそ三ヶ月間気になっていた眼病は、既に治っていた『めいぼ』と判明。二ヶ月分の目薬をもらったので、もしそれで腫れが引かなければ、年明けにまた目医者に行かなければならない。次は生涯五度目になる。

 9月2日に、左の瞼が腫れていることをここに書いたのだが、あの後もなかなか腫れが引かなかった。だんだん気になってきたので、9月の下旬に『しかたない、目医者に行くことにするか』と思っていた。ところがその矢先、ぼくは一般に大病と言われている病気にかかってしまい、入院しなければならなくなった。

 退院後、休みの日には保険の手続きや年金の手続きなどをやっていた関係で、なかなか目医者に行く時間が取れなかった。というか9月の時点と腫れの大きさがあまり変わってなかったので、気になりながらも行くのが面倒になっていたのだ。

 ところが二日前の夜、嫁さんから
「瞼の腫れが酷くなってるよ」
 と言われた。
「えっ?」
 鏡を見てみると、なるほど瞼が赤くなっている。さらに瞬きすると何か引っかかるような感じがする。
「もしかしたら、脳梗塞絡みかも」
 怖くなったので、翌日目医者に行くことにした。

「しんちゃん、倒れて病院に運ばれたんだって?」
「えっ、倒れてないですよ」
「噂になっているよ」
「確かに入院はしたけど、倒れて病院に運ばれたわけではなく、ちゃんと自分の意思で診察を受けに行き、そこで紹介された総合病院へは歩いて行きました」

 ぼくを知っている人たちの間では、『しんたが倒れて病院に運ばれた』ということになっているらしい。


 今回の病気について、自分なりに原因を追及している。医者はその原因を「血圧が高いから」と言った。では何で血圧が高くなるのか─それは教えてくれなかった。

 歩き回っている時、いろいろと考えていたのだが、一つ思い当たることがあった。何年か前、手相を観る方に占ってもらったことがある。その人はぼくの手を見るなり、
「あなた、水分が足りてないですよ」
 と言った。それは手相でも何でもなく、手の状態を見て言ったのだ。
「少しカサカサして、赤みがかっているでしょ?」

 言われてみればその通りだ。ぼくは高校の頃、部活の練習中に水を飲んだためにきつい思いをしたことがある。それがトラウマとなり、水を飲むのを避ける傾向がある。しかし、手を見てもらった時は「だから何?」と思い、あまり気にしなかった。

 この春以降、今回の病気の他にも、肌荒れや目の乾きなどの悩みを持っている。もしかしたら、すべて水分不足から来ているかもしれない。と思うに到り、すぐにネットで調べてみた。やはりそうだった。

 ということで、それ以来ずっと2~3リットルの水を飲み続けている。退院してからも血圧は高いままだったのだが、それが改善された。マスクのせいだと思っていた肌荒れが治った。手のひらに艶が出てきた。あとは痺れだけだが、これも何とかなるだろう。だっていい水で身体を育てているのだから。

 先日本屋で立ち読みした腰痛の本の中に、『こういう歩き方をすれば、腰痛を防げる』と書いてあった。さっそくその歩き方をしてみたのだが、なるほど腰に負担がかからず、楽に歩けるような気がした。
 ところが、三日ほどその歩き方を続けているうちに、足首に異変が起きた。筋をひねったような痛みを感じたのだ。
「慣れない歩き方だからそうなるのだ。きっとこの歩き方が慣れた頃には収まるはずだ」
 と最初は思っていた。しかし二日経っても三日経っても痛みは引かない。というか余計に痛みが酷くなった気がする。気になるともう駄目で、それを意識してしまって、足を引きずるようになった。やはり慣れない歩き方は駄目である。

 20年以上前、阪神淡路大震災の頃だったか、母親が車にはねられたことがある。母は頭の強打や大腿骨の骨折などで、およそ3ヶ月の入院していた。
 退院後、無事退院出来たことへのお礼に、母を連れて宗像大社に行った。ちょうど本殿の門をくぐった時だった。なぜか肩がスッと軽くなったのだ。母にそのことを言うと、母も同じように肩が軽くなったらしい。
 後日ある人に、「・・というようなことがあった」と言うと、その人曰く、
「宗像大社の本殿の前の門には門番がいて、そこに訪れる人の邪気を祓ってくれる」ということだった。
 ということは、母の事故の時は、家族に取り憑いた邪気が原因だったということになる。

 さて、先月末、ぼくが無事退院出来たことのお礼に、嫁さんと二人で宗像大社に行った。しかしその時は、ぼくの肩はスッとしなかった。
『邪気に取り憑かれたわけじゃなかったのか』と思っていると、嫁さんが、
「門をくぐる時、肩がスッとしたんよね」と言った。
『えっ・・!?』
 もしかしたら、今回の病気は嫁さんの邪気のせいなのかもしれない。しかし、肩がスッとしたのなら、邪気は祓われたということになる。
 もう大丈夫だ。

 いろんな人から、「体調はどうですか?」と聞かれる。
 いやいや、体調は悪くないんですがね、問題はメンタル面ですわ。すぐ悪い方向に考えてしまうんです。
 まあ、病気した後すぐに、いい方向に考えるなんて、なかなか難しいことなんですけどね。しかし、そこをどうにかしないと。山にでも籠もって修行いたしましょうかね。

 昨日、12日ぶりに職場に復帰した。車の運転は、ドクターストップがかかっているため出来ない。そのため歩いての通勤となった。家から職場まで車で5分もかからない距離なので、歩いて15分もあれば着くだろうと思い、始業時間の20分前に家を出た。ところが職場に着いたのは始業時間を5分過ぎていた。つまり家から職場まで25分かかるわけだ。次の出勤は10日、始業時間の30分前に家を出なければ。10分差、ちょっときついかも。

 さて、仕事のほうだが、退院してからずっと歩き回っていたせいか、体力的な問題はなかった。筋肉痛が治ってないのがちょっと気になったくらいだ。しかし、暇だったなあ、あまりに退屈すぎて気持ちが疲れた。

1,豪雨
 いやいやこの二、三日の雨は半端じゃない。一歩外に出るとびしょ濡れになる。運転中は前が見づらい。車線がわからん。道路は冠水している。水たまりに入るたびに、「ド、ド、ド、ド、ド」という音と共に減速する。比較的雨の少ない北九州地区でこの状態だから、毎回雨の被害に遭っている筑後地区は大変だろう。

2,雨の切れ間
 さて、今回の大雨で面白い体験をした。家からバイパス入口まで約2キロだが、そこまでは前記のように、大変な土砂降りだった。ところがだ、バイパスはほとんど雨が降ってないのだ。道路もさほど濡れてない、いや乾いている途中に見えた。おそらくバイパスの入口が雨の切れ間だったのだろう。
 よく『夏の雨は馬の背を分ける』と言われているが、それを体験するのは生まれて初めてだった。

3,梅雨の終わり
 一昨日からずっと雷が鳴っている。もう梅雨も終わりなのかな。以前書いたことがあるのだが、昔読んだ『観天望気』という本に、梅雨の明ける時は東風が吹くと書いていた。おそらく今日明日がその日だと思う。近くの工場の煙突を見て確かめよう。

4,下駄の音
 仕事から帰って、嫁さんとコンビニに行く。傘をさし100メートルくらいの距離を歩く。うちの前の道路は冠水してないんだけど、それでも足が濡れる。
「昔は梅雨時の雨の日といえば下駄だったな。雨、傘、下駄の音、蚊取り線香が梅雨時の定番だった」
「ふーん」
「ふーんって、お前もあまり年が変わらんやないか」
「でも今は下駄は近所迷惑になるからね」
 面白くない時代になったもんだ。『カラーン、コロン』が懐かしい。

大男の夢
 背丈が5メートルほどある大男たちが工場のひな壇に座って記念写真を撮っていた。それを眺めていたのだが、彼らはこちらに気がついて追いかけてきた。皆、口々に「獲物がいたぞ」「今日の昼飯はあの小人だ」と言っている。ぼくは慌てて逃げるのだが、出口が見つからない。


裸の夢
 真っ裸で飲み屋街にいた。「人目につくとまずい」「せめて下着だけは着けておかないと」「この葉っぱ使えないかな」などと思いながら、公園の草陰に隠れている。ところがそこにどんどん人が集まってくるのだ。時おり車のライトがこちらを照らして行く。
「どうしよう?」


アフリカ象の夢
 家から数キロ離れた峠道に、突然アフリカ象が大量発生。わが家に向かって爆走しているとの情報を得る。『どうにかしないとやられてしまう』と一人焦っている。ところがぼく以外の人はのんびりしているのだ。「家も命も吹き飛ばされるぞ!」とぼくは大声で叫んでいる。


ブレーキ
 運転をしていたのだが、その車のブレーキはえらく遠くにあって、仰向け状態にならないと届かない。そうすると顔は上を向いてしまうから前が見えなくなってしまう。「何事もありませんように」と祈りながら、交通量の多い道を運転しているのだ。

 あの音が気に障っているのかな。ウグイスが公園中に響いている「ジージー」や「ワシワシ」を掻き消そうと、大きな声で鳴いている。何度も何度も鳴いている。それは早朝から始まって、7時を回った今もやっている。よく声がかれないもんだ。

 しかしねえ、ウグイス君。「ジージー」や「ワシワシ」は、実はじいさんやばあさんの声なんだ。彼らはもうすぐ命が尽きるんだよ。雌を奪い合っているあんたらとは事情が違う。そう彼らは必死なんだ。まだまだ生きるあんたらには、きっと最後の真剣なんてわからないだろうね。

このページのトップヘ