2022年06月13日

シンプル

 観光地のお土産屋さんなどでよくタヌキのアクセサリーを見かけるが、何が楽しいのか、その股間には決まって紐付き金玉が付いている。

 それを見ていつも思い出すのが、1970年頃に流行した、紐付き金玉をそのまま大きくしたようなアメリカンクラッカーという玩具だ。遊び方はいたってシンプルで、玉と玉を繋いでいる紐の真ん中を指で持ち、それを振って玉と玉を当て、「カチカチ」と音を鳴らすだけのものだった。
 それと前後して流行ったのがラブ・アンド・ピースのグッズだった。黄色地に二つの点と曲線だけという、シンプルな顔のニコちゃんマークが付いていた。

 しかしそんなシンプルなものが、どうしてあの時期に流行ったのだろう。1970年といえば、ビートルズが解散した年だけど、それと何か関係あるのだろうか。最後のシングル『Let It Be』は、ビートルズにしてはシンプルな曲だった。

 そういえば写真を撮る時のピースサイン、あれは70年頃から広まったのではなかったろうか。今は指でポーズをとるだけだけど、当時はだらしない笑顔を作って「ピース、ピース」と言っていた。何で口に出していたのだろう。『サインはV!』と区別するためだったのだろうか。
posted by 新谷勝老 at 06:22 | 日記 | 編集


Copyright(C) 2000-2022 しろげクラブ. All rights reserved.