2022年06月09日

問題は夜が明けてから

 朝7時になると、いつも家の前にある公園の周りから、ヒップホップが聞こえてくる。数年前から始まったことで、最初はさほど感じなかったのだが、日が経つにつれて音がだんだん大きくなってきて、うるさく感じるようになった。

 近くにヒップホップをかけるような店はないから、それを鳴らしているのはその辺に住む住民なのだろう。もしかしたその人がらその人は、ドラゴン桜のようにエクササイズをやりながらそれを聴き、英語の勉強をしているのかもしれない。しかし、朝の忙しい時間に大音響でこれをやられると、イラッとする。

 昨日ここに夜中に聞こえてくる子どもの声のことを書いたが、それよりも夜が明けてから聞こえてくるヒップホップの音の方が、ぼくの中では耳障りになっている。
posted by 新谷勝老 at 06:30 | 日記 | 編集


Copyright(C) 2000-2022 しろげクラブ. All rights reserved.