2022年06月06日

やまとなでしこ

 知り合いに26歳の女の子がいるのだが、その子から同い年の彼氏のことで相談を受けた。彼女は結婚の目標年齢を27歳に決めていて、それが原因で彼氏ともめているという。彼氏は30歳前後に結婚を見据えているようで、その三年の溝が埋まらないらしい。

 それを聞いて、昔見たドラマを思い出した。そのドラマの主人公が結婚目標年齢としていたのが、彼女と同じく27歳だったのだ。
 ドラマの中で主人公は
「27歳を過ぎると値崩れが始まる」
 と言っていた。
 主人公は目標通り27歳で、もう一つの目標であった大金持ちとの結婚にこぎつける。ところが結婚式当日にある事件が起こり、その結婚が自分の心に反したものだったことを主人公は悟ることになる。結局その結婚は破談になった。
 28歳の誕生日に主人公は、結婚してない自分を顧みて、
「わたし何やってたんだろう」
 と涙ぐむ。
 だが、彼女が本当の幸せをつかんだのはその後、つまり値崩れした後だった。

 そう、その時がくれば、ちゃんと幸せをつかめるものなのだ。結婚目標年齢を定めてしまうと、結局はそれに振り回されることになる。ドラマのように破談になることだってある。
 そういうことを考えてはいたのだが、ぼくはその子の相談に対しては、何もアドバイスしなかった。下手なアドバイスするよりも、そのドラマを見せたほうがいいと思ったからだ。
 今度『やまとなでしこ』のDVDを貸してやろう。
posted by 新谷勝老 at 08:26 | 日記 | 編集


Copyright(C) 2000-2022 しろげクラブ. All rights reserved.