2022年05月15日

沖縄ベイブルー(4)

 しかしそのことで、ぼくは沖縄を嫌いにはならなかった。あの晩のことを除いては、いい思い出ばかりだったからだ。最初に言ったとおり、風土も匂いもぼくに合っている。
「今度来る時は、民謡酒場のある場所をちゃんとチェックしておこう。そこ以外には絶対行かん」
 そのことを肝に銘じた。

 さて翌年、前年と同じく社員旅行は沖縄だった。
「今度こそ民謡酒場に行くぞ」、と意気込んで那覇の街に出た。その時は5人で行動した。
 那覇港にあるステーキを食べに行って、いよいよ松山の民謡酒場に行くことになった。しかし、場所がはっきりしない。1時間ほど探したが、それらしき店は見当たらない。

「もう時間がないけ、他のところに行こうや」と一人が言った。
 ぼくも民謡酒場に未練は残ったが、こうやっていても埒が明かないので、その意見に従った。
「じゃあ、どこに行こうか?」
 すると、一人の後輩が
「さっき、いい所がありましたよ」と言った。
 じゃあ、そこに行こう、ということになった。

 後輩はさっさと先頭を歩き、ある店の前で止まった。
「ここです」
 唖然とした。ぼくらは後輩に文句を言った。
「お前、沖縄に来てまで、こんな所に来んでもいいやろ。小倉で見ればいいやないか」
「いいじゃないですか。時間もないことだし。付き合ってくださいよ」
 後輩の言うとおり、時間がない。しかたないので、後輩に付き合うことにした。
 その店の看板には、『本番、まな板ショー』と書いてあった。そこはどこにでもあるストリップ小屋だった。

 翌年の社員旅行も沖縄だった。夜になり、何人かの人が「しんちゃん、遊びに行こうや」と誘いに来た。しかし、二年連続で後味の悪い思いをしているぼくは、夜の沖縄には行く気がしなかった。
「行かん」と言って、すべて断った。
 夜は寝るためにあるものだ。それを沖縄旅行は教えてくれたのだった。
posted by 新谷雅老 at 16:43 | 日記 | 編集

ワードプレイス

 こうやって毎日ここに文章を書いている。最初は大雑把な文章を書いていたのだが、いつしか細かな言葉を追うようになった。つまりナンバープレイスの数字を探すように、神経を尖らせて言葉を探しているわけだ。

 そのことに気づいてからぼくは、ここに文章を書くこの場を、ナンバープレイスに引っかけて、ワードプレイスと呼んでいる。

 このワードプレイスは、一列一行九マスにひとつの数字しか入れられないナンバープレイスと違って、同じ言葉を何度使ってもかまわないのだから、ナンバープレイスよりはずっと楽なはずだ。
 ところがなかなか理屈通りにはいかない。一列一行九マスの縛りがないということは、決まった答がないということで、これが実に難しい。

 ぼくはこのワードプレイスというパズルの、答なき答を求めるために、日夜頭を悩ませている。
posted by 新谷雅老 at 06:22 | 日記 | 編集


Copyright(C) 2000-2022 しろげクラブ. All rights reserved.