2022年05月13日

夜は寝るためにあるものだ(2)

 その店に入ってまず気づいたことは、全然賑やかさがないということだった。お客もそこそこ入っているし、それ以上にホステスもいるのだが、何かひっそりとしている。BGMも鳴っていることは鳴っているが、全体に音が小さい。「変な店だなあ」と思いながらも、ぼくらは席に着いた。

 ほどなく三人のホステスがやってきた。
「いらっしゃーい」
 その声には明るさがなかった。
「私、○○でーす。よろしくお願いしまーす」  と、各自自己紹介を始めた。
 若作りはしているものの、ぼくたちよりは歳がいっている。
 しばらく談笑していたが、盛り上がらない。いっしょに行っていたメンバーの一人であるGさんが、
「よーし、おれが景気付けに歌ってくる」と席を立ち、ステージに上がった。
 Gさんは調子に乗って3曲ばかり歌った。しかし、拍手の一つもない。こちらのパブなら、いくら下手でも拍手くらいはある。
 Gさんは首をかしげながら戻ってきた。そしてぼくに
「しんちゃん、この店変やねえ」と耳打ちした。ぼくは
「うん」と言ったきり黙っていた。

 あまり静かになったので、ホステスの一人が、
「大人しいですねえ。いつもこうなんですか?」と言った。
 もう一人のメンバーKさんが、
「いや、初めてだから緊張してるんですよ」と答えた。
 すると、他のホステスが、
「まあ、緊張してるなんてかわいい。抱かれてみたいわー」などと言い出した。
 その時、ぼくの隣にいたホステスが、ぼくの腕を触った。
「へえ、腕太いねえ。何かやってるの?」
「むかしちょっとね」と言って、ぼくは力こぶを出して見せた。
「わあ、たくましい。抱かれてみたーい」
 いよいよ変だ。

 もう一人のホステスが、
「ねえねえ、ここを出てどこか行かない?」と言い出した。
 どういうわけか、KさんとGさんは乗り気である。しかし、ぼくは気が進まなかった。そこで、「おれは行かん」と言った。
 どうしても民謡酒場に行きたかったのだ。
「しんた、いいやないか。ちょっと付き合え」と、二人が声をそろえて言うので、ぼくはしぶしぶ付き合うことにした。

「じゃあ、OKね」とホステスは、従業員を呼んで「精算してきて」と言った。
 従業員が持ってきた勘定票を見て驚いた。一人1万円になっている。
「これ、おかしいんやない?」
「ああ、これね。チャージが5千円で、連出し料が5千円なの。ごめんね」
 それほど飲んでないのに1万円の出費である。

 店を出ると、そこに2台のタクシーが停まっていた。どうやらぼくたちを待っていた様子だった。
 タクシーに分かれて乗り込むと、ホステスの一人が「例の所に行って」と言った。3分ほど走って、タクシーは止まった。タクシー代も、こちら持ちである。

 ホステスたちはタクシーを降りると、ぼくたちの腕を掴み、建物の中に連れ込んだ。慌てて入ったので、そこがどこかわからなかったが、中の雰囲気からすると、どうやらそこはホテルのようだった。
 ホステスは「ここから分かれるのよ」と言って、ぼくたちをそれぞれの部屋に連れて行った。
posted by 新谷雅老 at 16:10 | 日記 | 編集

シャンプー断ちと石鹸断ち

1、
 一ヶ月ちょっと前から、ぼくはシャンプーや石鹸を使わない生活を送っている。
 実は3月の終わりに床屋に行ったのだが、帰ってから鏡を見てみると、地肌が透けて見えるのだ。
「まさか髪が薄くなったのか?」と、髪の毛を触ってみると、えらく髪の毛がサラサラしている。元々ゴワ毛なので、これに違和感を感じ、鏡でよく見てみると、なんと髪の毛の一本一本が細っているではないか。それで地肌が透けて見えたわけだ。

 これには思い当たる節がある。昨年末から、えらくフケが多く出るようになったのだ。「これはいかん」と始めたのが、フケに効く強いシャンプーだった。そのシャンプーを3月まで使っていたのだ。今回の毛細りは、どうもそのシャンプーが影響しているように思えてならない。いろいろ調べてみても、髪のトラブルの原因はシャンプーによるものが多いという。

 そこで取った手段がシャンプーを使わない洗髪、いわゆる『湯シャン』というやつだ。最初はフケやかゆみが出たが、二週間ほどで安定してきて、今はそういうことに悩まされることはない。臭いもない。毛細りの方も、改善されたように思える。

2、
 さて、その湯シャンと同時に始めたのが、石鹸で体を洗わないことだ。そもそも体の汚れというのは、湯に浸かるだけで十分に取れるのだという。前に石鹸を使って肌が荒れたことがあったので、シャンプーを止めたのを機に、石鹸の方も止めてみた。

 こちらの方も、二週間ほどで効果が出てきた。肌がすべすべになったのだ。
 また背中に湿疹が出来て痒かったのだが、その湿疹がなくなり痒みもなくなった。

 もう一つ、意外な効果があった。長いこと痔で排便の後に肛門周囲が腫れて痛かったのだが、これがなくなったのだ。まあ、痔が完治したわけではないだろうが、腫れや痛みがなくなったのは嬉しい。

 シャンプー断ちと石鹸断ち、ぼくにとっては良いことずくめなので、この生活をずっと続けていこうと思っている。また何か効果があればお知らせしようと思っています。
posted by 新谷雅老 at 05:51 | 日記 | 編集


Copyright(C) 2000-2022 しろげクラブ. All rights reserved.