吹く風ねっと

一生は未来の記憶を散りばめた一本の道。人生は未来の記憶をひろいながら歩く旅。

2012年01月

ヘビやカエルや熊などが
日常の生活で味わう苦労を
人間であるぼくは知らない。
ただ寒い寒い寒いこの冬を
静かに眠っていられる彼らが
うらやましくてならない。
嫌で嫌で嫌でたまらない冬を
本能がパスしてくれるのだから。
その間彼らがいったい何を
やっているのかは知らない。
だけど寒い寒い寒いこの冬を
意識の向こう側に押しやって
眠って過ごせるなんて最高だ。

節分の夜はグラスを片手に
春の訪れを祝おう。たとえ
ウエイトの乗った右フックを
左のこめかみに受けたとしても、
研ぎ澄まされたアッパーを
脆いアゴに受けたとしても、
やつの渾身のストレートを
みぞおちに受けたとしても
それが原因で食事がのどを
通らなかったとしても、
節分の夜はグラスを片手に
春の訪れを祝おう。
青く欠けたグラスを片手に
春の訪れを祝おう。

気合いの三十六連発を
前頭葉にそっと潜ませ
あいつやあいつを欺きながら
冬の街を歩いている

気合いの三十六連発を
前頭葉でひっそり構えて
あいつやあいつに照準を
合わせながら歩いて行く

気合いの三十六連発を
前頭葉から一つ撃ち
あいつやあいつを穴に埋め
小便引っかけ笑ってみせる

気合いの三十六連発を
前頭葉で撃ち終わり
あいつやあいつが目覚める頃に
振り返らずに去って行く

三時間前、遅い休憩を取って
冷めた昼飯を食っていた。

二時間前、食事を終えて
次の目的地に向かっていた。

一時間前、よそ行きの顔して
奴らと話していた。

そして今、風呂に入って
そのことを思い出している。

一時間後、再びよそ行きの顔して
スーパーで買い物をしている。

二時間後、遅い晩飯を食べながら
今日のドラマなんか見ている。

三時間後、軽い運動をして
そろそろ寝ようかと思っている。

さてようやくここまで来けれど
この重そうで軽そうな扉は
いったいどうやれば開くんだろうか。
押すんだろうか引くんだろうか。
待っていればいいんだろうか。
呼べばいいんだろうか。
叫べばいいんだろうか。
叩けばいいんだろうか。
叩き続ければいいんだろうか。
鍵がどこかにあるんだろうか。
別に入口があるんだろうか。
もしかして自動扉だろうか。
軽く触れればいいんだろうか。
飛び跳ねればいいんだろうか。
何か呪文があるんだろうか。
無念無想だといいんだろうか。
一人だと開かないんだろうか。
二人以上だと開くんだろうか。
誰かに頼めばいいんだろうか。
コネがあればいいんだろうか。
さてさてどうすりゃいいんだろうか。

昭和44年1月のある日、
5時間目の体育の時間に
彼女は一人で泣いていた。
走りながら泣いていた。
その涙が何を意味しているのか
その日のぼくにはわからなかった。
その日のぼくにはわからなかったが
なぜか無性に悲しくなった。
なぜか無性に泣きたくなった。
きっと彼女の悲しさが素直に
ぼくに伝わったのだろう。
それから何日かして
彼女は転校していった。

レモンの汁を絵筆に取って
「好き」という文字を書いてみる
いつか文字はあぶり出されて
あなたのもとへ駆けていく
この気持ちあの気持ち
あぶりあぶられ恋になる

りんごの汁を絵筆に取って
「嫌い」という言葉を書いてみる
いつか言葉はあぶり出されて
あなたのもとへ飛んでいく
あの気持ちその気持ち
それでもやはり恋になる

あっちに行こうとすると
こっちに引っ張られる。
こっちに行こうとすると
そっちに引っ張られる。
自分の意思ではないのに
と、思いながら世の中や
他の人たちを恨んでいる。
だけどね、違うんですよ
あっちに行こうとすると
「こっちの方が面倒がない」
こっちに行こうとすると
「そっちの方が安易だ」と
あっちやこっちの不利益を
ひとつひとつ挙げつらね
あっちこっち行きを阻んでは
こっちそっちの方向に
引っ張っているのは
世の中でも他の人でもなく
すべて自己霊のせいなのです。

深夜のスーパーに行くと
多くの車が止まっている。
もちろん昼間よりは少ないが
深夜でこれなら大盛況だ。
ところがスーパーの中に
お客さんはあまりいない。
どういうわけなんだろう。
道を隔てた向こう側には
大団地が控えているのだが、
その団地の人が車を止めている
とは到底思えない。
朝から晩まで交通量の多い
その道を渡って往き来するのは
どう考えても億劫だからだ。
いったい誰の車なんだろう。
普通の乗用車であって
最近県内市内を騒がしている
銃刀法違反するような怪しい
車でないのは確かなようだが。

かつて高校の同窓会に参加した時に
担任の先生が登場したことがある。
頑固な先生だったがそんな先生ほど
生徒の心に残っているのだろう
割れんばかりの拍手をもらっていた。
担任とは色々ないきさつがあり
ぼくは無視を決め込んでいたのだが
友人が何度も「お前が一番先生に
迷惑をかけたんだから挨拶してこい」
と誘いに来る。それを聞いてぼくは
「何十年経ったと思っとるんか。
先生が憶えとるわけないやろ。
行っても無駄」と言って断る。
「先生がお前を忘れるわけがないやろ」
と友人は譲らない。結局根負けしたぼくは
渋々先生のもとに挨拶に行った。
「先生お久しぶりです」
「ああ、お久しぶりです」
「ぼくのこと憶えてますか?」
「はい、憶えてますよ」
ああ、これは憶えてないな。
ぼくはその時にそう思った。
だいたい憶えているくらいなら
『はい、憶えてますよ』なんて
他人行儀な敬語は使わんでしょう、
ね、先生。

あの日は高校時代に好きだった
女子が来なかったことも重なって
ちょっと寂しい同窓会だった。

ぼくの中に
もう一人の自分がいる。
生まれた頃から文字通り
一心同体でやってきたのだが、
自我の芽生えとともに
その存在は薄れていき、
そのうち自分は一人っきり
だと思うようになった。
とはいえ忘れているだけで
意識の底ではちゃんと
その存在を自覚しており
何かあるたび無意識に
彼に助けを求めたり、
何かが起きようとする時には
彼から警告を受けたりしていた。
ここしばらくその声が
遠ざかっていたのだが、
今朝、久々に彼の声を聞いた。
「これからもいっしょだ」と。

このページのトップヘ