吹く風ねっと

一生は未来の記憶を散りばめた一本の道。人生は未来の記憶をひろいながら歩く旅。

2011年02月

四月頃の装いで
家の近くをぶらついていたのだが
まったく寒いとは感じなかった。
この後ひと月の間に
こういう暖かい日がやってきて
またしても寒い日がやってきて
そうこうやっているうちに
節句が過ぎて、彼岸も過ぎて
桜の花が咲き乱れて春本番。
俗に言う「いい季節」となるわけだ。
とはいえ、ぼくは今の季節の方が好きだ。
なぜなら夜空が高く澄みきって
星がきれいに見えるからだ。

十数年前に九重で流れ星を見たのも
ちょうどこの季節だった。
実はその日、流れ星にした願いごとが
そのまま今の人生に繋がっている。
まだまだ実現の途中であり
決して楽観してはいないが、
願いごとを追いながらも
足が地に着いてきている。
「現状のままでいいのか」
と悩むこともあるが、結果的には
いつも「それでよかったんだ」となる。
ということなので、あの日の願いごとは
きっと実現するのだろう。

取引先の駐車場に
数匹のノラ猫がいる。
フサフサとした
気持ちよさそうな
毛並みをしているのだが、
そこはノラなので
かなりすすけている。
その汚れ方からすると、
体に棲みついている
のみやダニの数は半端ではなく、
かなり痒い、痒い痒い人生を
彼らは過ごしているに違いない。

さて、そのノラたち、
別に取引先の人が
飼っているわけではない。
餌を与えているわけでもない。
だから人間には近寄ってこない。
とはいえ、人を見かけても、
人慣れしていないノラのように
ダッシュで逃げることはしない。
適当な距離を保っては
ジッとこちらを窺っている。
こちらが少し近づいても
逃げようとはしない。かといって
体を触らせることはしない。
ま、その汚さを見たら
痒さがうつりそうで
触る気も失せてしまうが。

ぼくは彼らと会った時は
とりあえずチチチと呼んで
彼らが足を止めたら
下手な猫語で語り
適当ににらめっこして、
時には写メに収めて、
それで終わりにするという
適度に迷惑な人間を演じている。

四方を和ダンスに囲まれた
八畳ばかりの窮屈な部屋に
花柄の布団が三つ敷かれている。
ちょうど西側に当たる所かな
タンスとタンスのちょっとした隙間に
浄土系の黒い仏壇が置いてあるのだが
そのせいで部屋は少し線香臭い。

隣の部屋はキッチンと一緒になっていて
折り畳み式の花柄のテーブルが置いてある。
そこには女性週刊誌が開いたままになっていて
ミカンの皮だとか、お菓子の食べかすとかが
開いたページの上に散乱している。
女性ばかりが住んでいるのだというが
どう見てもきれいだとは言えない部屋だ。

ある日ぼくは、その少し汚れた部屋を
夢の中の住みかにすることにした。
それ以来、夢に疲れるといつも
ぼくはその部屋でくつろいでいる。
だけど、その部屋に入る時は
だいたい起きる寸前だから
あまり長居ができない。

お猫にとって人間というのは
迷惑極まりない存在なのである。
だから空腹時以外の飼いお猫は
人間に近寄ってこないし
いついかなる時も野良お猫は
人間には近寄ってこない。

いったん人間に捕まると面倒だ。
のどをなでるし、鼻を押すし
肉球を触るし、腹をさするし
尻尾をつかむし、フラッシュたくし、
すぐに抱き抱えようとするし
好き勝手な名前で呼ぶし・・

お猫が必要としているのは
誰にも邪魔されずに
ゆっくり寝られる時間だ。
お猫が必要としているのは
誰にも干渉されずに
のんびり出来る空間だ。

だからオモチャ扱いにして
時間や空間を邪魔してくる
人間の子供を嫌うのだ。
だからいつもジッとしていて
時間や空間に干渉してこない
年寄りのそばが好きなのだ。

お猫にとって人間というのは
実に鬱陶しい存在なのである。
だから空腹時以外の飼い猫は
人間に近寄ってこないし
いついかなる時も野良猫は
人間には近寄ってこない。

生きている者にとって
死ぬということは大変な出来事だ。
それは生きている者が、脳という
いつもいらんことを考える
面倒なものを持っているからで、
そいつがこの世に執着してしまい
死は苦しいものだとか
死は痛いだものだとか思わせて
死を遠ざけようとするからだ。

一方、死んだ者にとって
死ぬということは大したことではない。
それは死んだ者が、脳という
いつもいらんことを考える
面倒なものを持っていないからで、
ゆえに現象や物と一体になれるのだ。
それは即ち、生とか死とかを
超越しているということであり
だから死に大した意味を持たないわけだ。

つまり、霊がこの世に現れるのは
実はそのせいなのだ。
しかし、ぼくが寝ている時に現れて
意味もなく股越していくのだけは
いいかげんにやめてほしい。

一人で会話している人を時々見かける。
彼らはいったい誰と話しているのだろう。
一人で会話しているからといって
怪しい風体の人ではなくて
いたってまともな感じのする人が多い。
会話の内容も多岐にわたっていて
例えば天下国家を語っているかと思えば
前の日の野球の試合にケチをつけていたり、
人生について討論していることもある。
時にはその内容があまりに高尚で
感心することすらあるのだ。

で、最初の疑問に戻るわけだが
彼らはいったい誰と会話しているのだろう。
人でないのは確かだ。
人でないということは霊か。
もし霊であるとすれば
高尚な内容の話をしている人は
高級な守護霊様と会話しているのだろう。
もしくは天使や妖精といった類か。
いや、神や仏と呼ばれる
宇宙霊なのかもしれない。

他人の目にどう映っているのかも
人からどう思われているのかも
おそらく彼らはわかっているはずだ。
それでも一人で会話する彼らは
きっと常人には理解出来ないほどの
ありがたい人なのだろう。

ポロポロと落ちるフケを
どうにかしないと、と思い
数名の方にフケ対策を
熱く講じてもらった。
まず爪を立てて頭を洗わないこと。
次に二度洗いすること。
そしてよくゆすぐこと。
洗ったあとは早めに乾かすこと。
―などなどだ。
おかげさまでフケがまったく
出なくなったわけではないものの
気にならないくらいに
その量は減っている。
もう少し時間が経てば
洗髪無知のために傷んだ頭皮も
回復することだろう。
フケが無になるのは
きっとその時だろうな。

仕事中に聞いているラジオ番組は
いつも昔の歌を流してくれている。
そういう歌を聴くと、つい気持ちが
その時代に戻ってしまい、曲が終わると
何か忘れ物を取り戻したような気がして
得したような気分に浸れるものだ。

その一方で、ちょっとした記憶違いに
気づき、愕然とすることもある。
ある時その番組のDJが、ぼくがこれまで
小六の頃に流行ったと思っていたある歌を
中一の年に発表された歌だと
紹介したことがあった。

ぼくはその歌に関する
思い出やイメージを、数十年も、
半ズボンの小学六年生のものとしていたので
学生服の中一時代の発表と聞かされた時には
「それは違っとるやろ」という言葉が
思わず口を突いて出たのだった。

しかしネットや資料などで調べてみても
DJの言う年代のほうが正しいではないか。
これはショックだった。
「ぼくはいったい、どの歌のイメージを
その曲のものとすり替えたのだろう」と思い
そのイメージ修正を余儀なくされたものだった。

年を取るごとにこういうことが
多くなっているような気がする。
ぼくは現在五十代なのだが
もしかしたら十数年後には
今流行っている歌が四十代の頃に
流行ったのだと思い込み、今の状態を
四十代のものとイメージするかもしれない。
ということは、これを書いている
今日の記憶も四十代の記憶になるということだ。

白紙の日記帳が目の前に現れて
何か書けとぼくに迫ってくる。
だけど毎日書くことがあるわけではない。
だからその日の日記を御免被ろうとする。
ところがそれでも日記帳は目の前に現れて
何か書けとぼくに迫ってくる。
それがあまりにしつこいので
仕方がなく何か書こうとやってみる。

そうやって考えて考えて考え抜いて
七転八倒していって、やはり何にも
出てこないと気づいた時に、突然
何かが吹っ切れたような気分になって
『白紙の日記帳が目の前に現れて
何か書けとぼくに迫ってくる』ことが
俄然面白く感じてくる。するとそれが
文章になってぼくの下に落ちてくる。

「なーんだこれがあったんだ」と
ぼくは何も手を加えずに
『白紙の日記帳が目の前に現れて
何か書けとぼくに迫ってきた』と書く。
読む人がこれをどう思うかは別にして
ぼくの中では「これは最高傑作だ」という
お腹いっぱいな気分になっている。
だから今日の日記はこれでいいのだ。

夜歯を磨くことが面倒になって
お口クチュクチュですませています。
歯磨きを早く終わらせようとして
ムキになって歯を磨く癖のある
ぼくにとってはこのやり方が
一番いいのかもしれません。

第一歯ぐきを痛めることがない。
歯磨きだとついつい力を込めるので
歯ぐきが破れて血が出てしまう。
おかげで歯槽膿漏じゃないかと疑って
歯科医に行ったことだってあるのです。
歯医者さんから「歯ぐきは問題ない」
と言われるも、「これがいいですよ」
とゴム製の歯間ブラシを勧められ
断り切れずに買いました。
もちろん保険は利きません。

お口クチュクチュ、クチュクチュは
歯ぐきを痛めず、血も出ない。
お口クチュクチュ、クチュクチュは
歯間ブラシも用いません。
お口クチュクチュ、クチュクチュは
実に気持ちがいいのです。

最近、布団の中に入ると
幸せな気持ちになれるのです。
その状態のまま眠りに就き
起きてからもしばらくそれが
続いているのでありまして
けっこう機嫌のいい状態で
朝を過ごしているのであります。

寝る時といえば、以前は
頭の中に次々と蘇る
その日起きた出来事に
いちいち対応していたせいで
心が疲れ果ててしまい
寝つきも悪いし、寝起きも悪いし
幸せなんか感じる暇もなかったのです。

ある時読んだ本に
「いろいろな現実を物語のように
『・・ということがありました』
と客観的に捉えると心が楽になる」
ということが書かれていたのを読み
それを寝る時に実践してみたのです。
幸せ状態になったのはその日からでした。

併せて寝る前に
体操をするようになってからは
寝疲れすることもなくなりました。
つまりぼくは布団の中では
心身ともに幸せであるということです。
布団の中が本当の人生なんだと
思っているくらいであります。

このページのトップヘ