吹く風ねっと

一生は未来の記憶を散りばめた一本の道。人生は未来の記憶をひろいながら歩く旅。

2009年08月

こういう日だからといって、
誰もが選挙のことを考えていたわけではない。
夏の終わりを悲しんでいた人もいるだろうし、
秋の始まりに喜びを感じていた人もいるだろう。
夏休みの宿題に大忙しだったお父さんもいるだろうし、
横で茶々を入れていたお母さんもいるだろうし、
それを傍観していた子供もいるだろう。
腕立や腹筋をしていた人もいるだろうし、
縄跳びで痩せようともくろんでいた人もいるだろうし、
肩こり・腰痛・関節痛で唸っていた人もいるだろう。
禁煙でのたうち回っていた人もいるだろうし、
焼酎をおかわりしていた人もいるだろう。
イオンで買い出しをした自民党員もいるだろうし、
イオンで石川遼のプレーを観戦した公明党員もいるだろう。
エコポイントで何を買うか考えていた人もいるだろうし、
申請書の書き方がよくわからんと文句を言った人もいるだろう。
ノリピーネタを収拾できなかったと悔しがる人もいるだろうし、
自称プロサーファーとはヒモのことかと思った人もいるだろうし、
押尾のことはどうでもいいと思った人もいるだろう。
何かおいしい仕事はないかと探していた人もいるだろうし、
プー太郎だと自慢していた人もいるだろう。
先日すでに投票を済ませていたぼくは、
今日が親父の命日だということをすっかり忘れていたし、
なぜか晩飯のことばかり考えていたし。
こういう日だからといって、
誰もが選挙のことを考えていたわけではないんだ。

冷房の効かない所で仕事をしていたら
頭から汗がタラタラ流れてきた。
その汗が耳を伝わり、首を伝わり、
背中にどんどん流れ込む。
しばらくするとその汗は、
首から頬へと進路を変えて
口の中まで入ってきた。

何気なくその汗を味わってみると、
汗は何のミネラルも含まない
塩そのものの味だった。
その濃さは尋常ではなく、
おそらくそれを医者に言うと、
塩分の摂りすぎから始まって、
終いには血圧の高さとの因果関係を
とくとくと説かれる羽目になる。
だけど汗がこんなにしょっぱいんだから、
血圧が高くても何の不思議もない。
医者の言うこともごもっともだと
いちいち納得せざるを得ないだろう。

ところでもしも、そういう因果関係が
成立するとするならば、
この塩味を薄味にしてしまえば
血圧は下がることになるわけだ。
そういえば何ヶ月か前に手相見から、
「あなたは水分が足りてない」
と言われたことがある。
その時は何のことかわからなかったが、
なるほどあれは水分をとって
血圧を下げろという意味だったんだ。
これからはどんどん水を飲むぞ。
飲んで薄味の汗をかいてやる。
そして血圧を下げてやる。

今が暇なわけではない。
明日も朝が早いわけだから、
やることがないのなら、
早く寝たほうがいい。
気持ちはそちらにあるのだが、
体はそちらに向かわずに、
ちょっと机の上を片付けたりする。
ちょっと机の上が片付いたとて、
何が変わるわけでもないんだよ。
明日も朝が早いんだから、
そんな暇があるのなら、
少しでも多く寝たほうがいいぞ。
再三体に言い聞かせるのだが、
体はあまのじゃくを決め込んで、
相変わらず机の上をまさぐっている。

高校の頃ぼくは吉田拓郎に
大層憧れていたものだった。
「その生き方が好きなんだ」
などと知ったようなことを言っては、
よくその言動を真似ていたものだった。
だけどぼくはその時期の拓郎さんが
どういう生き方をしていたのかなんて
まったくわかっていなかった。
わかっていたのは拓郎は拓郎でも、
マスコミの作り上げた
いわば『マスコミ拓郎』の生き方で、
それは無愛想だとか無礼だとかいうものだった。
ぼくはそれを真に受けていたわけで、
その言動を真似ていたというのは、
つまり無愛想や無礼を真似ていたということだ。
その『マスコミ拓郎』というフィルターで
長年拓郎さんを見てきたせいで、
実際の拓郎さんがどういう人なのかを
いまだにぼくはわかっていない。
ただ自分のことはよくわかっていて、
『マスコミ拓郎』を真似ていたぼくは
今でも相変わらず無愛想で無礼である。

昨日は阿修羅を見に行って
夜中はブログを書いていて
今日は銀行に行ってきた。
おかげですっかり寝不足だ。
今は風呂に浸かっている。
もし今ここで酒なんか
飲んだりしたら確実に
深い眠りに就くだろう。
もしかしたらそのまま風呂から
出てこられないかも知れないな。

そうそう昨日の帰り道
裏道で検問をやっていた。
飲酒運転の取り締まりだとかで
ぼくもしっかり息を取られた。
昨日が三年前の福岡の
飲酒追突事件の日だったらしく
それを踏まえての検問だった。

そういや昨日あったんだったな
同じ県警巡査部長の飲酒ひき逃げ。
どの顔下げての検問なのか。
こちらはずっと協力しているのに
風呂の中まで協力しているのに。

朝早く目覚めて気がついた。
ついこの間まで聞こえていた
朝ゼミの野太い声がしない。
代わりに聞こえてくるのは
コオロギたちの貧相な歌声だ。
昨日は日差しが強かったけど、
日陰に入るとか細い風が、
秋さながらに吹いていた。
それが朝まで続いているのか、
今はか細いその風が、
とても冷たく感じている。
いくら盆を過ぎたとはいえ、
まだまだ真夏の八月なのに…。
「夏を返せ!」「夏を返せ!」
ここに来ても七月の雨を
ぼくはまだ恨んでいる。

ぼくのハンドルネームに
『しろげしんた』というのがある。
かつてエッセイを書いていた頃に
使っていた名前だ。
その名前に特に意味はない。
ただぼくの頭が白髪に染まっていて
本名が『しんた』というもんだから
そう名乗っただけだ。
その後かつてペンネームにしていた
『山原ほうぼう(邦望)』を名乗るようになった。
その名でとある賞をとったりしたもんだから
調子に乗っていまだにその名を使っている。
ところが何かしっくりこない。
夢がその名で呼んでくれない。
ふとした時に『山原ほうぼう』が出てこない。
『山原ほうぼう』が大声で叫べない。
やはり『しろげしんた』のほうが
自然でしっくりとくる。
というわけなのか、
この間から心の声が
しきりにぼくに呼びかけてくる。
『しろげしんた』はいかがですか?
憶えやすい名前でしょう?
全部平仮名だし書きやすいでしょう?
15画っていい画数ですよ。
長年使ってきた名前でしょう?
『しろげしんた』、
…まるで選挙カーの呼びかけだな。

隣の車線の車がスピードを上げるのを見ては
負けじとスピードを上げている。
コンビニで一品だけ買うのも何だからと
ついつ余計な物を買っている。
焼き鳥屋や居酒屋でテーブルの上が寂しいからと
ついつい盛り合わせなんぞを頼んでしまう。
勝つまで寝らんぞと意地になって
ついついパソコン相手のゲームを繰り返す。
出す物はしっかり出しておこうと
ついついトイレに長居してしまう。
ウォーキングで人が前を歩いていると
ついつい抜かしてやろうとペースを上げる。
やるからには毎日更新しようと
寝る間を惜しんでブログを書いている。
相手のちょっとした言いぐさが気に障り
ついついムキになって突っかかってしまう。
ちょっと離れればゆっくり車を駐められる場所があるのに
ついつい入口近くの窮屈な場所に駐めている。
一円二円を儲けるために
必死にアンケートに答えている。
無駄を省こうと必死になって
無駄に時間を費やしている。
オレは何でこんなくだらないことに
命を賭けているんだろう。

以前勤めていた会社は
遅くまで仕事をするのが
美徳だと思っているようなところで、
みな意味もなく人件費と光熱費の
無駄遣いをやっていた。
定時は午後7時だったのだが、
午後9時10時帰りはざらで、
酷い時には11時12時に会社を出ていた。
おかげでその時代にやっていた
プロ野球ニュースより前の時間帯の
テレビ番組をぼくらは知らない。
それではいかんと始まったのが
早帰り運動だった。
週に一度早帰りの日を決めて、
その日は何があろうとも
定時に帰るというものだった。
ところが早帰りの意味を理解できない
ひとりの馬鹿な上司がいて、
「今日の予算も行ってないのに
何が早帰りだ」などと言い出した。
おかげで誰もが帰りづらくなり、
結局週一度の早帰りの日は、
残業をつけない日と成り果てた。
会社は人件費は浮かせたものの、
光熱費は前よりも酷くなった。
その後その馬鹿な上司は
経費削減を叫ぶようになるのだが、
そいつが叫んでも何の説得力もなく、
あげくに会社は潰れてしまった。

クールビズとかで
ネクタイを外していると、
なぜかチョイデブ体型が
顕わになってしまう。
あるべき所にあるべき物がないから
体のバランスが悪くなってしまっているのか、
それとも体を締めつける物がないから
すべてが締まりなく見えてしまうのか、
そのへんははっきりしないけど、
ネクタイをしている時とは
若干違った自分の体型が、
窓ガラスなんかに映っている。
特に腹回りなどは、
ダイエット商品の
使用前のモデルになれるじゃないか、
と思えるくらいにユーモラスだ。
とにかくこの台形の体を
何とかしないとならない。

このページのトップヘ