吹く風ねっと

一生は未来の記憶を散りばめた一本の道。人生は未来の記憶をひろいながら歩く旅。

2007年04月

明日から5月だ。
おそらく公私ともに忙しい月となるだろう。
とりあえず、明日はスカパー!やプロバイダの手続きの変更をしなければならないし、月の始まりということで年金や保険料などの払い込みをしなければならない。
今は、こういうことがすべてネットで出来るから便利だ。
時間にして10分もあればすべてが終わってしまう。
もしネットがなかったら、書類を送ったり払い込みしなければならないから、郵便局や銀行に出向くことになる。
そうなると、移動の時間を含めれば、少なくとも半日はかかってしまうだろう。

あ、そうだった。
銀行だけには行かなければならなかった。
手元にあるお金を預け入れするためである。
こればかりは、ネットで処理できない。

昨夜は福岡空港に親戚を迎えに行き、夜遅く帰ってきた。
これまで空港へは、自分が旅行する時にだけしか行ったことがない。
もちろん旅行だから、空港まで自分の車で行くような野暮なことはしない。
利用するのは電車やバスである。
というわけなので、今回のように、車を運転して空港に行くなんていうことは初めてのことだ。

午後8時に着くからと言うので、余裕を見て1時間前の午後7時に家を出たのだが、甘かった。
とにかく場所は知っていても、車で行くのは初めてなので、例えば車はどこに駐めるだとか、その際の入り口だとか、左右どちらの車線に入っていたらいいのか、とかいう細かいことがわからない。
しかも夜である。
周りのネオンがやけに明るくて、空港がまったく目立たない。
滑走路にいたっては闇の中だ。
いちおう標識や案内板を見ながら進んではいるが、もし見落としでもしたら大変な結果を招いてしまう。
とにかくどこで折り返したらいいのかなど、まったくわからないのだ。
内心ドキドキ・ハラハラだった。

その慎重さがよかったのか、途中道を間違うこともなく、無事に空港に着いた。
だが、空港着は予定よりも20分ほど遅れてしまった。
原因はやや渋滞気味だったことにある。
ニュースなどで連休スタートと言われてはいたが、暦通りに仕事をしている会社だってあるということだ。
そのへんを見落としていた。

空港に着いた時には、すでに飛行機は空港に着いており、親戚はターミナルの前でウロウロしていた。
荷物を積み込んでから、同じ道を戻ったわけだが、それから食事に行ったりしたために、帰りが遅くなったのだ。

ちなみにその親戚は、日系アメリカ人である。
飛行機はワシントンDCから乗ったと言っていた。
成田で乗り換えて福岡まで来たわけだ。
車中、食事中を問わず、松坂の話ばかりしていた。
しかし、あちらの生活が長いせいだろうが、すごい日本語の発音だった。

何をやっていたのか、気がつけばもう朝の5時を過ぎていた。
今日はいろいろと用があるので早く寝たかったのだが、5時を過ぎれば、もうどうにでもなれという気持ちになってしまう。
ただ、そういう状態になるまで起きていても、タバコを吸いたいとは思わなかった。
夜更かしすると、決まって吸う本数が増えていた2週間前までが嘘みたいである。

まだ禁煙生活が続いている。
よく禁煙のせいでイライラして人や物にあたる人がいるが、ぼくに関しては、今のところまったくそういうことはない。
痰がからんだり、咳き込んだりしないので、逆に気分は爽快である。

会社にいた頃に、禁煙してはいつも挫折する店長がいたが、その人が典型的なイライラタイプの人間だった。
普段から落ち着きのない人だったので、日を追う事にその行動はひどいものになっていった。
あげくに部下から、
「そんなにイライラするのなら、禁煙をやめてください」
と、言われて、結局その翌日からタバコを吸い始めた。
また何ヶ月か後に、思い出したように禁煙を始めることになるのだが、その時も周りから咎められて禁煙をやめたのだった。

さて、気分爽快のぼくのことだが、たまにコーヒーやジュースなどを飲んでいる時に、物足りなさを感じることがある。
別にニコチンを欲しているわけではない。
口寂しいのだ。
そういう時、口の中に何か含んでいれば解消する。
しかし、それをやってしまうと太ってしまうだろう。
うーん、こればかりは我慢しなければならないか。

晩飯を食べている時、急に腹が腹が痛くなり、そのまま寝てしまった。
起きたらもう朝の8時だった。
その間寝苦しさもなく、寝返りのたびに目を覚ますこともなかった。
おまけに、腹の具合も良くなっていた。
不思議なもので、こういうちょっとした病気の時というのは、けっこう熟睡ができるのだ。
その熟睡が、病気を治すのだから、人間の体というのは大したものである。

しかし、こういうことを手放しで喜ぶことは出来ない。
なぜなら、逆に健康な時というのは、なかなか寝付くことが出来ないからだ。
寝付くことが出来ないということは、寝不足になるということでで、そうなると、目が痛くなったり、鬱症状になったりと、まったくろくなことにならない。
つまり健康な時の睡眠というのは、不健康を招くことになるのだ。

しかし、いくら病気の時のほうが熟睡できるとはいえ、起きているときに、どこそこが痛いというのも嫌なものである。
ああ、そうか。
そうなると、また熟睡して、治るわけだ。
それなら心配ないか。

気分転換のためにテンプレートを変えてみた。
が、今までずいぶん変えてきたので、あまり感動というものがない。
ただ、ぼくの中では見やすくなったような気がする。
デザインがシンプルなのでそう思えるのかもしれないし、白がベースになっているというのもあるかもしれない。
しばらくこのテンプレートを使うことにしよう。

頭の中央部分、以前は真っ白になっていて、そのせいで地肌が透けて、髪が薄くなっているように見えていた。
ところが、今日鏡を見ていて思ったのだが、その地肌が見えにくくなっている。
というより、中央部が少し黒くなっているように思えるのだ。
最近は頭のケアなんかやってないし、白髪に効くシャンプーなんかも使ってない。
いったい、何が原因でこんなことになったのだろうか?

最近始めたことといえば…、うーん何も思いつかない。
あ、そうだ。逆にやめたことならある。
それはタバコである。
まさかタバコと白髪との間に、因果関係があるとでもいうのだろうか?

そういえば、十数年前、恩師が亡くなった時に、それまで真っ白だった恩師の頭が瞬時に黒く変わったことがあった。
その時医者は、「死んだことにより、ストレスがたまらなくなったのではないか?」と説明していたが、苦笑しながら言っていたので本当かどうかはわからない。
しかし、もしそれが本当のことだとすれば、ストレスさえなくせば、白髪は治るということだ。

ということは、ぼくの頭が本当に黒くなったのなら、それは喫煙のストレスから解放されたということになり、変なところに解決の糸口があったということになる。
しかし、そうは思いたくない。
ぼくは基本的にタバコが好きなので、のどさえ痛くならなければ、タバコをやめることもなかった。
たまたま今がそうだからと言って、そういうことをタバコのせいにしたくないのだ。

先週から近くのスーパーが24時間営業になった。
これまでは夜9時までしかやってなかったので、例えばちょっと生鮮類などがほしいときなどは、いつも悔しい思いをしたものだった。
ま、区内にはいくつか24時間営業のスーパーがあるので、車を使いさえすれば買いに行けるのだが、一度家に帰るともう車になんか乗りたくない。
それに、わざわざ野菜だけのために車を使うのも嫌である。
今まではしかたなく、その「例えばちょっと生鮮類がほしい」のを我慢していたのだった。

今回ようやく歩いて行ける場所に24時間が出来たので、こういう悔しい思いもすることはなくなったわけだ。
ところがである。
24時間営業になってからこちら、そのスーパに行くことがなくなったのだ。

いや、昼間は何度か行ったのだが、夜に行かないのだ。
そうそう生鮮類が欲しくなるものではないし、夜にスーパーが開いていても、いつもの延長であって、特に昼間と変わったところはないだろうからだ。
というか、夜は商品が入ってこないので、昼間売り切れれば、その陳列棚はそのまま穴のあいた状態になっているはずだ。
前にそういうところで働いていた関係で、そういう売場を見ると嫌な気分になってくる。
夜スーパーに行かないのは、きっとそういうのを見たくないという潜在意識が働いているせいだと思う。

メールの件だが、一気にやってしまおうと、今日は一日がかりでそれに取り組んだ。
おかげで引っ越しは何とか終わった。
あとはメールアドレスの取得だ。
最初はYahoo!だとかgooだとかを使おうと思っていたが、仕事にフリーメールを使うのも何だし、せめて有料版にしようと思っていた。
しかし、考えてみると、いくら有料版だとはいえYahoo!やgooといった文字がメールアドレスにあると、何か軽く見られそうな気がする。
そこで、現在使っているプロバイダのセカンドメールを使うことにした。
いちおう有料ではあるが、フリーチケットを使えるので、実質はタダだ。
有料版分として組んでいた予算は、セカンドメールのウィルスチェックの費用にすればいい。
そういうわけで、新しいメールアドレスを取得し、送受信テストも何とか終わり、あとは本番を待つだけとなった。
しかしメールアドレスを一つ入れるために、作業が3日間もかかるとは思わなかった。

仕事用のメールアドレスが必要になった。
まあ、メールアドレスをとるのは何ということはないのだが、問題はその際使うメールソフトである。
ぼくは現在、4つのメールソフトを使っている。
生活用、メルマガ用、ニュース用、懸賞・アンケート用に分けているのだ。
どれも目一杯使っているので、もう一つメールソフトを入れようと思い、いくつかのソフトを試してみたのだが、どうも使い勝手が悪い。
そこで考えたのが、比較的受信量の少ない、メルマガ用とニュース用を合併させ、余ったソフトを使うことだ。
こうすれば、使い勝手の悪さによるストレスはたまる音はないだろう。

ということで、2日ほど前からメールの引っ越し作業をやっている。
エクスポート、インポート、フォルダ作成、振り分け設定など、地味ながらきつい作業だ。
その際に送受信のテストもやっているのだが、それぞれにサーバーが違うので、ちょっとしたことでメールが送れなかったりする。
そのたびに関連のサイトで確認しているため、時間がかかってしまう。
昨日の日記を書き忘れたのも、それが原因となっているのだ。
とにかく早く終わらせないと、新しいメールアドレスを使う時期が、すぐそこまできている。

何か忘れていると思ったら、日記を書き忘れていた。
最近は下らないことばかり書いているので、別に更新しなくてもよさそうなものだが、日が埋まってないと、気分的によくない。
この日記のように、たまに書き忘れたりすることもあるが、心のどこかで気にしているのだろう。いつも思い出してしまう。

このページのトップヘ